上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リモートで録画鯖を操作時、B-CASカードを認識できるようにする

さて、録画鯖は出来たのですが、リモートデスクトップを利用した操作時に問題が起こることが発覚。
それを克服します。

B-CAS関係ががんじがらめになっているっていうのは、前回も書いたのですが、リモートデスクトップでの操作時にも制限がかかっているようです。

具体的にはローカルのコンソールではB-CASを認識しているのに関わらず、リモートでログオンすると認識しない。

事例
TVtestやEDCBで「スマートカードリーダーが見つかりません」というエラーが出る。
しかし、Windows上では認識しているように見える。(←ココがミソ。問題点の切り分けに支障)

当初は機器の故障、USBの相性などを疑ってしまった。
しかし、MacBookProのBootCamp上のWindowsでは認識できるということ、USBボード買ってきたけどダメだったことから、結局、この問題は「B-CASの不正防止対策」だということに気づいた。無駄な出費はルネサス製チップ搭載のUSB3.0ボードのみで済んだ。・・・結局無駄じゃん。

※ここでも教訓。「ハードを疑うな。ソフトを疑え。」

調べた結果、BonCasLinkを使うことで解決できるようだ。

というわけで、設定します。

http://up.mapopi.com/
35.zip BonCasLink 1.10

実は前回ダウンロードさせてたの気づいてました?

BonCasLinkの内部にあるサービス版をインストールします。
サービスインストール.batを使えばいいと思いきや、これが使えません。

そこで、以下のように操作することでサービスインストールできます。

コマンドプロンプトを管理者で実行。

2014033021.png

cd コマンドでBonCasLinkサービス版があるディレクトリまで移動します。

移動したら、BonCasServer.exe /serviceでサービスに登録されます。

※注意 コマンドを実行すると、「サービスに登録しました」とでも返せばいいものを何も言いません。コイツ。
でもコンピューターの管理からサービスを見るとちゃんと登録してあります。

※MacのRemote Desktopを使うと打てない文字が多々あります。あとなぜかcd C:¥で移動できません。
そんな時は、コンピュータの簡単操作センターからスクリーンキーボードを出してください。
これならちゃんと認識します。

あとは、BonCasProxy.exeのショートカットをスタートアップフォルダに入れればOK。

再起動すれば、B-CASを認識できるはずです。

スポンサーサイト
[ 2014/03/01 18:15 ] コツコツ自作PC関係 | TB(0) | CM(1)

大変参考になりました!

初めまして。同様の症状が出まして検索したところこのページを見つけました。当方は2台の録画PCを使っているのですが、PC Aからリモートデスクトップで PC BのTVTestを手動で操作、もしくは予約を入れて作動させるとPC Aのカードリーダーに差し込まれた某カードが使われてしまうというものでした。初めはTVTestの設定のためかと思いましたが、某カードの仕様だったのですね。

この現象、PC A 上のWebブラウザにPC Bの番組表(TvRockを使用しています)を表示させてそこから予約を入れた場合も生じるようです。これに関しては、他のPCからPC Bの番組表にアクセスする際、ユーザーとパスワードを指定して通常認証させるモードにすることで解消されました。

当初はPC B のカードリーダーが動作不良で再生できる録画データとそうでないものがあり、原因の切り分けに苦労しましたが、貴方様のブログを拝見してPC Aから予約を入れた番組のみ再生できることに気づくことができました。
[ 2016/07/26 15:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iproduction.blog24.fc2.com/tb.php/153-21fcea18



撮影地ガイドへ