上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PLEX PX-W3PEでのTV視聴環境構築 その1

エンコ&録画サーバの設定の備忘録。
ファイルの収集と、PX-W3PEのインストールまで。
この手の作業はとても面倒なことが多いので、段階を踏んでゆっくりと進めましょう。
一気にやろうとすると、思わぬところでつまずいたりします。
たとえば、エラーが出た時でも、ひとつひとつやればどこで問題が起こったかがわかりやすいですから。


○PLEX チューナーカード PX-W3PEのセッティングに関する参考ページ

http://www22.atwiki.jp/px-w3pe/pages/24.html

http://touzoku000.blog95.fc2.com/blog-entry-1661.html

当方よりわかりやすいです。


○設定をおこなう前に下準備としてファイルを収集します。

アップローダから以下ファイルをダウンロードし解凍しておく。
http://up.mapopi.com/

12.zip B25Decoder EMM、TRMP、難視聴対策 x64版同梱

13.zip TVTest 0.7.23 (x86)

23.rar EpgDataCap_Bon 人柱版10.66
(↑重要。バージョンは10.69以前であることを確認してください。)

35.zip BonCasLink 1.10

また、こちらもダウンロードしておく。
http://ux.getuploader.com/PX_W3PE/download/3/up0625.zip

これも
http://www1.axfc.net/uploader/so/2813195

以下ページの「必要なランタイム」を参考に、ダウンロードしインストール。
http://www22.atwiki.jp/px-w3pe/pages/24.html

PLEX PX-W3PEのドライバもダウンロードしておきます。
http://www.plex-net.co.jp/product/pxw3pe_download.html

※後述しますが、外部カードリーダーを利用する場合はこちらも。
http://www.ntt.com/jpki/data/download2.html


○PLEX PX-W3PEをインストールします。

取り付けは自作PCの基本通りにおこなってください。
静電気をとるため、金属部に触れてからカードを持ち、しっかりと差し込みます。

※取り付けのスロットについて。
マザーボードによってはPCI-Express x16のスロットの動作が色々複雑な場合があります。
場合によっては、動作が不安定になることもありますので、x1スロットがあるのであればそこに取り付けるのがオススメです。
x1はx1スロットが一番安心。

取り付け後、ドライバをインストールします。
今回はTVtestなどを利用したシステムを構築しますので、BDAドライバをインストールします。

2014033001.jpg

32/64bitの違いに気をつけ、内部のDPInst.exeを実行してドライバをインストールします。

インストール後、デバイスマネージャでBDAでインストールされているか確認してください。

2014033002.png

PBDAだとTVtestなどが使えません。アンインストールして、再度BDA版をインストールしてください。

これでインストールは完了ですが、アンテナ強度の設定をしておきましょう。

PX-W3PEのドライバの入ったフォルダに、Utilityフォルダがあります。
その中に、ISDB-T_LNA_Controlというフォルダがあるかと思います。

2014033003.png
上はその内部です。
4つのファイルと、readmeがあるかと思います。
これは、アンテナの信号強度を調整するためのツールです。
ノイズが入ったり、録画に問題がある場合は、こちらで調整しておくと改善する可能性があります。
インストール直後は一番上のAuto_Modeになっています。
当方の環境では十分な強度があるため、一番下のBy_Passに設定し、強度調整を使用しないようにします。

○B-CASカードについて。

PX-W3PEには本体にB-CASカードリーダー(以下、内蔵リーダー)が取り付けられています。
当初はこちらを利用して構築しようとしたのですが、この内蔵リーダーは特殊なようで、いささか問題がありました。
当方ではM2方式を利用して構築後、スクランブル解除の漏れ(復号漏れ)が多数発生し、一部動画がドロップしたような現象があり、見るに堪えない状態になってしまいました。
結局、外部カードリーダーとしてSCR3310-NTTComを購入し、B-CASを認識させることにしました。
このエラーはdropなどが無くても映像が乱れるとして、原因がわかりにくく気づかなかったため苦労しました。

環境によってはB-CAS関係で問題があるというのはwikiのとおりです。しかもその場合は外部カードリーダー導入で解決するのもそのとおりです。



次にTVtestで視聴できるようにします。
スポンサーサイト
[ 2014/03/01 18:10 ] コツコツ自作PC関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iproduction.blog24.fc2.com/tb.php/144-a51a4825



撮影地ガイドへ